shop

ガラス工房 橙(daidai)

ガラス工房 橙は宙吹きガラスの個人工房です。

主宰 寺西 将樹   Masaki Teranishi

寺西真紀子   Makiko Teranishi


オープンは1999年の10月
ガラス工房とギャラリーショップ、CAFEを併設しています。
常時ではありませんが工房見学もできます。

 

address: 〒389-0518

長野県東御市 本海野1071-3

                  ガラス工房 橙

                 TEL/FAX 0268-64-9847

 

営業時間 10:00~17:00

休日 ほぼなし (9月と12月1月.2月は不定休お電話にてご確認ください)           

海野宿市営駐車場をご利用ください

 

工房の名前 橙の由来

ガラスを巻きとるつぼ口は丸い形で眩しい窯の炎は橙色に輝いています。
橙は三種の神器の一つである玉を表す意味があります。
(三種の神器とは皇位のしるしとして古来より伝わる宝物で、やさかにの勾玉、あめのむらくもの剣、やたの鏡といわれ一般の人々の間では玉は橙の実、剣は干し柿、鏡は餅に姿を変えてお正月のお供えとして普及しています)
橙は冬を経ても実が落ちないため、『代々』に通じ縁起物とされています。
またガラスを巻取って丸くすることを、玉をとるといいます。このようなことからガラス工房 橙(daidai)と名付けました。

アクセス access

 

東京方面から(自動車)

◆練馬I.C-【関越道】-藤岡JCT-【上信越道】

-東部湯の丸I.C(167km)

大阪方面から(自動車)
◆小牧I.C-【中央道】-岡谷JCT-【長野道】-更埴JCT
-【上信越道】-東部湯の丸I.C(261km)


東京方面から(JR)
◆長野新幹線 東京〜上田(1時間15分)
上田駅より「しなの鉄道」に乗り換え田中駅または大屋駅下車(徒歩15~20分)

大阪方面から(JR)
◆中央本線 名古屋〜長野(2時間50分)
長野駅より「しなの鉄道」に乗り換え田中駅または大屋駅下車(徒歩15~20分)